救いの三本柱(三救)Three Pillars of Salvation

『覚りの旅』


国常立尊様

「宗教組織(教団)とは運営のためにあるのではない

黄泉還り
私の場合、節分祭・立春祭の参拝ということが黄泉還りの契機となったようです。そして祭典参拝を積み重ねつつ回復していきました。
八百万 神も仏も吾に来て 救ひ求むる時となりぬる
メシヤ様は罪の赦し主(御詠)
奇蹟
自らが率先垂範せねば言葉に力は宿らない。
メシヤの御手に帰一され
第二回 令和二年一月度 『覚りの旅』
神言(大祓祝詞)の概要
チバニアン
節分祭・立春祭 挨拶文および2月度『覚りの旅』
メシヤ様の御教えを学んで、飢えた魂に潤いを!
紅白梅図について
「紅白梅図屏風」について メシヤ講座より
覚りの旅 令和2年1月度 勉強会を終えて
浄玻璃の鏡に照らせば現し世の塵も芥もみな映るなり
八百万神はあれども心せよ
令和二年二月度 節分祭 立春祭『覚りの旅』資料 
令和二年二月度『覚りの旅』御教え
メシヤ様のご精神を現代に求める座談会

TOPへ  次頁へ
ようこそ。Three Pillars of Salvation 『三救』へ。 メシヤ様のご精神である御教えを中心において、○浄霊 ○自然農法 ○芸術による救いを、現代に伝える取り組みを進め、その恩恵を享受できる人々が一人でも多く集える世界、地上天国建設を目指してまいりたいと思います。ご愛読いただければ幸いです。
 
inserted by FC2 system